• 文字サイズ

市民投稿掲示板

一覧に戻る

日本一おもしろい数学の本

6c8f70447e8d59f1751cfc57230caad4.jpg

嫌いな教科、第一位は数学 小学校の算数は得意だったのに、中学校に入って数学でつまずいた中学生、高校生、数学に対する苦手意識を持ち、モヤモヤしながら社会人になった方…。 このように、数学嫌いな人や数学に、苦手意識を持つ人は少なくありません。 全国の中学生を対象に行われた調査でも、嫌いな教科の第一位は数学、反面、 好きな教科の第一位も数学でした。 きっかけさえつかめば、数学嫌いは直せる つまり、数学は苦手意識を持ちやすい反面、きっかけさえつかめば、「嫌い」を「好き」に変えることができる教科なのです。この点を踏まえ、中学数学を「嫌いな人でもやり直せる」ように書かれたのが本書です。中学数学のつまずきやすい計算、方程式、文章題、関数、図形等を、たった7日間で克服できる即効メソッドです。 楽しみながらやり直せる工夫が満載 日本一の塾激戦地といわれる津田沼(千葉)で、数学嫌いな生徒を20年以上に亘って救い続けてきた西口氏が基本を押さえつつ、「正負の数は貯金と借金」「数字の問題はお金で考えよ」「平方根はババ抜き」「おいもの法則」のように身近な例に置き換えて考える裏ワザ、表ワザをふんだんにお伝えします。 また、「西口式アバウト算」や「関数(という言葉)は英語だった」など、数学の豆知識的なおもしろい話も多く、まるで、西口氏の授業を実際に受けているような感覚で、数学を楽しみながら学び直せるのです。 わかったつもりで終わらせない 西口氏が指導法を模索する中で辿り着いた「学力向上の秘訣は丁寧に教わってたくさん演習すること」、ゴルフの本を読んだだけでゴルフが上達するでしょうか、料理本を読んだだけで料理の腕が上がるなど、あり得ない話ですネ。本書では例題を丁寧に説明した後、練習問題を反復する形をとっていますので、基礎基本がガッチリ固まり、知らず知らずのうちに応用力もつくようになるのです。 西口正氏のプロフィール  1947(昭和22)年、兵庫県芦屋市生まれ。慶應義塾大学経済学部卒、大手損保に勤務するも教育に対する情熱を抑えきれず、独立して塾開業。日本一の塾激戦地といわれる津田沼に新学フォーラム設立。同塾は入塾試験をしないのに、多くの塾生が数学で満点を取り、全科計でも学年トップを多数輩出、学校や他塾教師の子弟が多く通う塾としても知られる。「たったの10問でみるみる解ける中学数学」「すいすい解ける! 中学数学の文章題」「中学数学 あなたの子はここで点数を落としている」等、著作も100を超える。           

代表者 新学フォーラム 西口正
連絡先 047-477-1999
会場名 新学フォーラム 津田沼教室
最寄駅

新京成線 新津田沼

駅からのアクセス 徒歩10分

一覧に戻る

このサイトをシェアする 
ページトップへ