• 文字サイズ

電車一覧

N800形

N800形概要を見る

平成17年5月導入。京成グループ標準設計をベースに「人に優しい車両」として3 編成が在籍しています。車体はオールステンレスで空気バネ台車を採用し、乗り心地を向上しました。素子冷却に純水を使用し、環境にやさしくなりました。また停止まで回生ブレーキを制御する純電気ブレーキで省電力化を図りました。

8900形

平成5年9月導入。自動放送、車内文字案内、車いすスペースなど旅客サービスを充実させました。車体はオールステンレスでボルスタレス空気バネ台車、シングルアームパンタグラフを採用しました。また、平成9 年度からは停止まで回生ブレーキを制御する純電気ブレーキを採用しました。

8900形

8800形

8800形

昭和61年1月導入。1500V 区間用電車として世界初の長編成VVVFインバーター車両で空気バネ台車を採用し、乗り心地を向上させました。平成10 年度から純電気ブレーキの採用やバリアフリー化、速度センサレス制御化改造を順次行いました。

8000形

昭和53年11月導入。当社初の電気ブレーキ、両開きドア、冷房装置を採用しました。昭和56 年以降の車両は回生ブレーキ付界磁チョッパー制御車となりました。平成20 年からは省電力、省力、低騒音を図るためVVVF化改造を実施しました。

8000形

このサイトをシェアする 
ページトップへ