• 文字サイズ

自動券売機・チャージ機・のりこし精算機に抗ウイルス・抗菌加工を実施

新京成電鉄では、お客さまにより安心して駅をご利用いただくことを目的として、8月24日(月)に新京成の各駅(京成津田沼駅を除く)に設置している全ての自動券売機・チャージ機・のりこし精算機を対象に抗ウイルス・抗菌を目的としたコーティング加工を実施しました。

当社ではこれまでも新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、駅設備の消毒、改札窓口への感染防止シートの設置、電車の窓開けによる車内換気や混雑を避けた通勤・通学、分散乗車のお願いなどを実施しています。また、7月には当社保有の全156両を対象に車内の抗ウイルス・抗菌を目的としたコーティング加工を実施しました。

今回のコーティング加工は、お客さまにより安心して駅をご利用いただくために実施したものです。コーティング加工した自動券売機・チャージ機・のりこし精算機には、コーティング加工済みを示すステッカーを貼り付けています。
新京成電鉄では今後もさらなる新型コロナウイルス感染拡大防止のため、予防対策を検討していきます。


チャージ機にコーティング加工を
実施する作業員の様子


自動券売機に貼り付けているコーティング
加工済みを示すステッカー

自動券売機・チャージ機・のりこし精算機を対象とした抗ウイルス・抗菌加工の概要

実施日

2020年8月24日(月)

実施内容

新京成の各駅(京成津田沼駅を除く)に設置している自動券売機・チャージ機・のりこし精算機を対象に抗ウイルス・抗菌作用のあるコーティング剤の噴霧加工を実施

コーティング剤

光触媒抗菌コーティングナノティオテクト

確認されている効果

抗ウイルス・抗菌作用(インフルエンザウイルス、大腸菌、カビなど)

対象

新京成の各駅(京成津田沼駅を除く)に設置している自動券売機・チャージ機・のりこし精算機の全96台

 

PDFはこちら

このサイトをシェアする 
ページトップへ