• 文字サイズ

「80000形」新造車両をさらに導入します

 新京成電鉄では、新造車両1編成を導入し、11月2日(火)より、新京成線の松戸駅~京成津田沼駅間で営業運転を開始する予定です。

 「80000形」は、京成グループ標準車両として「受け継ぐ伝統と新たな価値の創造」をコンセプトに設計され、2019年12月に1次車を導入しました。新京成電鉄がこれまで積極的に採用し続けた先進的な技術を核とし、更なる安全性、快適性、バリアフリー機能の向上につながる設備や最新の省エネ機器を導入している車両です。今回導入する2次車では、1次車で好評いただいた以下の項目を継承しております。

・外観デザインは質実さ、実用本位を基本としつつ、やわらかさを醸し出すため、丸みを帯びた形状にしました。
・カラーリングは上部にジェントルピンクのラインを配色し、高架区間走行時も当社のコーポレートカラーが周囲から見えるようにしました。
・車内には、安全性の向上のため、各車両に3台の防犯カメラを設置しました。
・フリースペースの設置や2画面化したLCD(液晶)車内案内表示器、空気浄化装置を搭載しました。
・フルSiC適用VVVF制御装置や編成ブレーキ制御などを搭載し、更なる省エネルギー化を図りました。

 今回導入する80000形2次車も、安全・快適で環境にやさしい車両となっています。

PDFはこちら

このサイトをシェアする 
ページトップへ