• 文字サイズ

松戸新京成バス初の特別塗装車両の運行(12/9~)

新京成グループの松戸新京成バス株式会社では、12月に新造する車両のうち2両を特別塗装車両として導入し、2018年12月9日より運行を開始いたします。これは松戸新京成バスが10月1日に会社創立15周年を迎えたことから実施するものです。

今回、実施する特別塗装は松戸新京成バスでは初の企画です。会社創立15周年の節目の年に、日頃よりご利用いただいているお客さまに感謝の気持ちをお伝えする目的で導入します。地域密着をイメージした特別塗装車両を是非お楽しみください。


3306号車
一般乗合バスに、松戸市で昭和47年7月に制定された「松戸市の花(街の花)」である「つつじ」をあしらったデザイン


3307号車
一般乗合バスに、新京成電鉄の電車8800形の現行カラーをイメージしたデザイン。更に!1年間限定で15周年の記念ロゴをデコレーション

松戸新京成バス創立15周年特別塗装車両の運行について

運行路線

松戸新京成バスの各路線(中型・小型バス運行路線は除く)
※対象車両の走行位置は、Bus-Visionのメニューから、車両指定で車号(3306・3307)を入力する ことにより、走行中の現在地を検索することが可能です。

特別塗装車両デビュー企画

①3307号車(新京成電車デザイン)運行開始日の初便
 2018年12月 9日(日) 東松戸駅9:38発⇒如来堂前経由松戸駅東口行

②3306号車(つつじデザイン)運行開始日の初便
 2018年12月16日(日) 東松戸駅9:38発⇒如来堂前経由松戸駅東口行

※記念塗装車両のデビューを記念し、運行開始日の初便へご乗車頂きましたお客さまへ、終点の松戸 駅東口において降車される際に乗車証明書(お一人さまにつき一枚)を配布いたします。
(企画の詳細については、こちらのお知らせをご覧ください)

 

PDFはこちら

このサイトをシェアする 
ページトップへ