• 文字サイズ

シンガーソングライターの(おく)華子(はなこ)さんと俳優の濱田(はまだ)龍臣(たつおみ)さんによる駅構内放送を開始します(3/25~)

新京成電鉄は、シンガーソングライターの奥華子さんと俳優の濱田龍臣さんによる駅構内放送を3月25日(水)※から開始します。千葉県出身の著名人とタイアップすることで当社の知名度向上と、沿線地域の活性化を目指します。
※安全管理上の支障、鉄道のダイヤの乱れなどのやむをえない事由が発生した場合は放送開始日が変更になることがあります

今回、駅構内放送の音声データを更新する機会に、お客さまに喜んでいただき沿線を活性化できるようなことをしたいと考えました。そこで、千葉県出身の著名人である奥華子さんと濱田龍臣さんに駅構内放送の音声データ吹き込みをお願いし、お二人による新京成電鉄の駅構内放送が実現しました。
駅構内放送は列車接近放送・列車到着放送・列車出発放送・啓発放送の4種類で約200パターンあり、奥華子さんに上り線(松戸行き)、濱田龍臣さんに下り線(津田沼行き)の放送を担当してもらいます。

【駅構内放送の例】
・まもなく2番線に松戸行きが6両編成で到着します(列車接近放送)
・新津田沼、新津田沼です。JR総武線はお乗り換えです(列車到着放送)
・まもなく1番線から京成津田沼行きが発車します(列車出発放送)
・線路に物を落とした場合は、最寄りの駅係員にお知らせください(啓発放送)

また、新京成電鉄の駅構内放送が奥華子さんと濱田龍臣さんの声になったということを幅広く知っていただくために、オリジナルムービーを制作しました。同日からYouTube新京成電鉄公式チャンネルで公開しています。
新形式車両80000形の車内や駅ホームで撮影を行い、お二人に新京成の印象や駅構内放送を担当することに対する思いなどを語ってもらっています。

シンガーソングライターの奥華子さんと俳優の濱田龍臣さんによる駅構内放送
対談では放送開始日が待ち遠しいと話してくれました

千葉県船橋市出身 シンガーソングライター 奥 華子さんによるコメント

私は新京成沿線の出身で、お話をいただいた時は本当にうれしかったです。
学生時代は新京成に乗って学校に通っていて新京成には思い出がたくさんあります。
3月25日からいよいよ駅に音声が流れると聞き、私もいろいろな駅のホームに降りて聞いてみたいです!

シンガーソングライターの奥華子さん

奥 華子さん プロフィール
キーボード弾き語りによる駅前路上ライブを津田沼・柏など関東を中心に行い1年間で2万枚の自主制作CDを手売りし、驚異的な集客力が話題となり2005年にメジャーデビュー。
2006年に劇場版アニメーション『時をかける少女』の主題歌「ガーネット」で注目を集める。
2019年に公開の映画『殺さない彼と死なない彼女』では主題歌「はなびら」を書き下ろし、初の映画音楽も担当。デビュー15周年を記念した「奥華子ALL TIME BEST」を発売。
また「キッコーマン 豆乳」「お部屋探しMAST」「ガスト」などのCMソングや、千葉県警察交通安全の歌を制作するなど、幅広く活躍中。

千葉県出身 俳優 濱田 龍臣さんによるコメント 

千葉県に住んでいるので新京成はお仕事でもたまに利用することがあり、親近感がとてもあります。放送は「五香」や「八柱」のイントネーションで苦労しましたが、初めての経験でとても楽しかったです。これから自分の放送を聞く人たちがいると思うと、とても楽しみです。

濱田 龍臣さん

濱田 龍臣さん プロフィール
NHK大河ドラマ「龍馬伝」で坂本龍馬の幼少期を演じ注目を集める。その後16歳で「ウルトラマンジード」主人公に抜擢。
その他ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」や映画「記憶にございません!」などさまざまな作品に出演。
映画、ドラマ、バラエティなど多方面で活躍中。

「奥華子×濱田龍臣 VOICE collaboration in Shin-Keisei」

タイトル

奥華子×濱田龍臣 VOICE collaboration in Shin-Keisei

制作目的

新京成電鉄の駅構内放送が奥華子さんと濱田龍臣さんの声になったということを幅広く多くのお客さまに知ってもらうため

内容

新京成電鉄に奥華子さんと濱田龍臣さんにお越しいただき、駅ホームや電車内で撮影。序盤では女子高生が駅構内に流れる二人の駅構内放送と生声のシンクロを聞き、新京成のアナウンスが知名度のあるタレントに変わった!という驚きを表現しています。
中盤からは新形式車両80000形の車内に場所を変え、対談をしてもらいました。同じ千葉県出身でも新京成沿線に住んでいた奥華子さんと少し離れた場所に住む濱田さんの異なる視点で新京成電鉄を語っていただいています。
終盤は駅構内放送を担当して感じたことや収録時のちょっとした裏話など、今回のタイアップ企画を多角的に紹介したPR動画です。

動画URL


(フルVer.)


(30秒Ver.)

 

 

 

 

PDFはこちら

このサイトをシェアする 
ページトップへ