• 文字サイズ

注意事項

乗車券の不正利用について

乗車券面表示事項などを改変して使用したり、定期券の使用資格・氏名・年齢・区間その他の事実を偽って購入・使用したりするなど、正当に乗車券を使用されなかった場合は、乗車券を無効として回収し、乗車区間の運賃と2倍の増運賃をいただきます。定期券については、期間をさかのぼって計算します。
なお、当社では自動改札機によるフェアスルーシステム(ご乗降確認システム)を導入しております。乗車記録のない乗車券で降車したり、降車記録のない定期券・PASMOで乗車すると、自動改札機の扉が閉まり係員が事情をお伺いする場合があります。

乗車券の併用について

2枚以上の乗車券を併用する場合は、2枚投入できる自動改札機をご利用いただくか、降車時にすべての乗車券を係員窓口に提示してください。
なお、2枚以上のIC乗車券の利用はできません。

手回り品/持込禁制品

生きもの・ペットなどの持ち込みについて

小鳥・小犬・猫などの小動物(猛獣およびへびの類は除く)は、以下をお守りいただいた場合に限り車内に持ち込むことができます。

  • 縦・横・高さの合計が90cm以内の容器に入れること
  • 重さが容器と動物を合わせて10㎏以内であること
  • 車内・駅構内では容器から出さないこと
    ただし、身体障害者補助犬法で認定された身体障害者補助犬(盲導犬・介助犬・聴導犬)はこの限りではありません。

大型の荷物の持ち込みについて

自転車

解体または折り畳んで専用の袋に収納したものに限り持ち込み可能です。

ベビーカー

ベビーカーは折り畳まずに乗車することができます。
ベビーカーをご使用の方へのお願い

サーフボード、スキー板など

専用の袋に収納したものに限り持ち込み可能です。

大型スーツケースなど

以下の規約に沿わないものについては持ち込みできません。

傘・つえ・バッグなど以外に、縦・横・高さの合計が250cm以内・重さ30kg以内の物品を、無料で車内に2個まで持ち込めます。ただし、長さ2mを超える物品は車内に持ち込めません。

※いずれの手回り品につきましても、混雑している列車については持ち込みをお断りすることがあります。

持込禁制品

火薬・ガソリン・硫酸などの危険品、および他のお客さまに迷惑を掛ける恐れがあるものの持ち込みはお断りいたします。

※旅客営業に関する詳細につきましては、各駅などに備え付けの当社「旅客営業規則」等の定めるところによります。

このサイトをシェアする 
ページトップへ