• 文字サイズ

バスミュージアム

新京成沿線におけるバス事業は大きく分けて2社に大別されます。松戸駅、八柱駅を中心とした「松戸新京成バス」、船橋駅北口を基幹とし小室、アンデルセン公園等に伸びる「船橋新京成バス 鎌ヶ谷営業所」、津田沼駅を中心とした「船橋新京成バス 習志野営業所」が沿線のお客様の足をサポートしています。ここでは、各社で用いられている代表的な車両をご紹介します。

大型ノンステップバス

大型ノンステップバス
千葉県初の大型ノンステップバスとして平成10年10月から八柱~牧の原団地線を皮切りに順次投入してきました。現在では松戸新京成バスと船橋新京成バス 鎌ヶ谷営業所において導入しております。

小型ノンステップバス

小型ノンステップバス
狭い道路を中心に小回りの利く車両です。写真の車両は鎌ヶ谷大仏から北総白井病院を結ぶ路線に充当しております。

中型ノンステップバス

中型ノンステップバス
一般的な路線バスです。全国的にもこのタイプが多く、新京成バスグループでも船橋新京成バス・松戸新京成バスの全路線で導入されております。

マイクロ型・中型貸切バス

マイクロ型・中型貸切バス
路線バスのほかにも新京成バスグループでは送迎、遠足等に便利な「貸切バス」をご用意してお待ちしております。詳しくは各路線営業所にお気軽にお問い合わせください。
このサイトをシェアする 
ページトップへ